プロンテラアップデート ニーヴエンチャント 【実装前考察】 - B鯖で初心者が生きぬくRO

プロンテラアップデート ニーヴエンチャント 【実装前考察】

※この記事は新実装のニーヴエンチャントと
それ含めての既存コンテンツの考察になります

※低層で考えるのですでに装備を持っている人や
 ある程度進行してる人にとっては参考にすらなりません

※ゲームをちゃんとやらないと入手は難しいので
 しっかり勉強し、練習し、用法容量守ってプレイしよう


プロンテラシナリオアップデートにて

新コンテンツとして

「ニーヴ」エンチャントが実装されます。

これは既存の

「サラピアス」「エクセリオン」に類似したアイテムになっている。

先取りによると、獲得方法も既存MDに近い
アイテム交換方式なので、確実に入手できるのが強み

また、エクセリオンと同じ…ということは
恐らくタンク側と考えて、取引可能だと思われます。




ということで、さっそく性能チェック











1.特定のアイテム(「金剛石の盾[0]」、「栄光の証[0]」、「輝く聖水[0]」、「城下町の地図[0]」)にだけ「ニーヴエンチャント」が可能

2.「ニーヴエンチャント」は最大3個まで可能

3.ひとつの装備に対して、同じ種類のニーヴはエンチャントできない

4.「ニーヴエンチャント」は100%成功する

5.「ニーヴエンチャント」を行うと精錬値はリセットされる

6.「ニーヴエンチャント」は「王家貢献の証」を支払うことで行う

Ex.エンチャントされたニーヴは「ダークハンド[1]」によって秘められた効果が解放される




・「プロンテラ地下監獄」
 BaseLv150以上のキャラが入場可能なマップ。
 イメージ的には「名もなき島」の「修道院」のように、
 パーティーで強いモンスターをなぎ倒していくようなダンジョンとのこと。


・「侵攻されたプロンテラ」
 BaseLv100から挑戦可能。敵自体はさほど強くはないものの、
 後述するギミックによりヒートアップする戦いが楽しめます。
 討伐クエストがあった時代の「コンロンダンジョン 03(武陵桃源)」
 (「天仙娘々」狩り)を彷彿とさせる作りです。



・「空中要塞」(メモリアルダンジョン)
 入場条件、BaseLv150以上。「ビオスの島」&「モルスの洞窟」を
 さらに強化したような印象のメモリアルダンジョンとのこと。


・「過去の儀式の間」(メモリアルダンジョン)
 入場条件、BaseLv160以上。強力な装備品をドロップすることで
 人気のメモリアルダンジョン「最後の部屋」の上位版といったような内容とのこと。
 もちろん、「ライオットチップ[1]」にならぶような
 装備品のドロップが狙えるようです。アイテム関連は記事後編にて紹介します。



要チェック文言…

デイリークエストでもらえる報酬で金策を行うといった楽しみ方も可能です。
クエスト報酬の「王家貢献の証」はウェルス発掘地における
「古びた燃料タンク」と似た印象だといえばわかりやすいかもしれません。




交換リスト

・「金剛石の盾[0]」(盾)/必要証数:50
・「栄光の証[0]」(アクセサリー)/必要証数:500
・「輝く聖水[0]」(アクセサリー)/必要証数:500
・「城下町の地図[0]」(アクセサリー)/必要証数:500


・「永劫のニーヴ」/必要証数:100
・「傷のニーヴ(人間形)」/必要証数:250
・「傷のニーヴ(人間形以外)」/必要証数:100
・「安息のニーヴ」/必要証数:100
・「血のニーヴ」/必要証数:100
・「名誉のニーヴ」/必要証数:300
・「死のニーヴ」/必要証数:200


・・・報酬数の予想
①各種MD3点で報酬がセットされている、またプロMAPで獲得が出来る。
②1MD2,3,5,10個報酬、取引可能
③箱から直接入手できるかもしれない
④箱自体もMOBドロップがある?


装備について

・「金剛石の盾[0]」
 BaseLv150以上の時、追加でDef+100
 「金剛石の盾[0]」の精錬値が3上がる度に追加でDef+20
 「栄光の証[0]」と共に装備時、追加で完全回避+10
 系列:盾 防御:50 重量:100 要求レベル:100 装備:全ての職業


・「栄光の証[0]」
 すべてのステータス+1
 物理・魔法攻撃で与えるダメージ+2%
 BaseLv150以上の時、追加ですべてのステータス+1、
 物理・魔法攻撃で与えるダメージ+2%
 「金剛石の盾[0]」と共に装備時、追加で完全回避+10
 系列:アクセサリー 防御:0 重量:10 要求レベル:100 装備:全ての職業


・「輝く聖水[0]」
 魔法攻撃で与えるダメージ+2%
 詠唱時間-5%
 系列:アクセサリー 防御:0 重量:10 要求レベル:100 装備:全ての職業


・「城下町の地図[0]」
 物理攻撃で与えるダメージ+2%
 攻撃速度+3%
 系列:アクセサリー 重量:10 要求レベル:100 装備:全ての職業




●各「ニーヴ」の性能

※ 同じ名称は重ね不可

――――――――――――

・「永劫のニーヴ」:「金剛石の盾[0]」へのエンチャントのみ可能
(火、水、風、地、念、毒、闇の7種類)
 該当属性攻撃で受けるダメージ-20%
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加で同じ属性攻撃で受けるダメージを-15%

――――――――――――

・「傷のニーヴ」:「金剛石の盾[0]」へのエンチャントのみ可能
(無形、動物形、植物形、人間形、悪魔形、不死形、天使形、竜形、昆虫形、魚貝形の10種類)
 該当種族から受けるダメージ-30%
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加で同じ種族から受けるダメージを-5%

―――――HP/SP系―――――――

・「安息のニーヴ(腕力)」:4種すべての装備へのエンチャントが可能
 MaxHP+200
 精錬値が6以上の時、追加でMaxHP+300
 精錬値が8以上の時、追加でMaxHP+500
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加でMaxHP+5000

・「安息のニーヴ(幸運)」:4種すべての装備へのエンチャントが可能
 MaxSP+10
 精錬値が6以上の時、追加でMaxSP+20
 精錬値が8以上の時、追加でMaxSP+50
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加でMaxSP+100

・「安息のニーヴ(体力)」:4種すべての装備へのエンチャントが可能
 5秒毎にHP+50
 精錬値が6以上の時、追加で5秒毎にHP+50
 精錬値が8以上の時、追加で5秒毎にHP+150
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加で5秒毎にHP+1000

・「安息のニーヴ(知力)」:4種すべての装備へのエンチャントが可能
 5秒毎にSP+1
 精錬値が6以上の時、追加で5秒毎にSP+1
 精錬値が8以上の時、追加で5秒毎にSP+3
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加で5秒毎にSP+25

―――――ステータス補正系―――――――

・「血のニーヴ(腕力)」:4種すべての装備へのエンチャントが可能
 Str+3
 精錬値が7以上の時、追加でStr+2
 精錬値が9以上の時、追加でStr+2
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加でStr+5

・「血のニーヴ(迅速)」:4種すべての装備へのエンチャントが可能
 Agi+3
 精錬値が7以上の時、追加でAgi+2
 精錬値が9以上の時、追加でAgi+2
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加でAgi+5

・「血のニーヴ(体力)」:4種すべての装備へのエンチャントが可能
 Vit+3
 精錬値が7以上の時、追加でVit+2
 精錬値が9以上の時、追加でVit+2
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加でVit+5

・「血のニーヴ(知力)」:4種すべての装備へのエンチャントが可能
 Int+3
 精錬値が7以上の時、追加でInt+2
 精錬値が9以上の時、追加でInt+2
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加でInt+5

・「血のニーヴ(集中)」:4種すべての装備へのエンチャントが可能
 Dex+3
 精錬値が7以上の時、追加でDex+2
 精錬値が9以上の時、追加でDex+2
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加でDex+5

・「血のニーヴ(幸運)」:4種すべての装備へのエンチャントが可能
 Luk+3
 精錬値が7以上の時、追加でLuk+2
 精錬値が9以上の時、追加でLuk+2
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加でLuk+5

―――――特殊効果系―――――――

・「名誉のニーヴ(迅速)」:4種すべての装備へのエンチャントが可能
 攻撃速度+5%
 精錬値が7以上の時、追加で攻撃速度+3%
 精錬値が9以上の時、追加で攻撃速度+3%
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加で攻撃速度+1


・「名誉のニーヴ(集中)」:4種すべての装備へのエンチャントが可能
 詠唱時間-5%
 精錬値が7以上の時、追加で詠唱時間-5%
 精錬値が9以上の時、追加で詠唱時間-5%
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加で詠唱時間-10%


・「名誉のニーヴ(知力)」:4種すべての装備へのエンチャントが可能
 スキルディレイ-5%
 精錬値が7以上の時、追加でスキルディレイ-5%
 精錬値が9以上の時、追加でスキルディレイ-5%
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加でスキルディレイ-10%

――――――特殊効果その2――――――

・「死のニーヴ(腕力)」:4種すべての装備へのエンチャントが可能
 物理攻撃で与えるダメージ+3%
 精錬値が7以上の時、追加で物理攻撃で与えるダメージ+1%
 精錬値が9以上の時、追加で物理攻撃で与えるダメージ+1%
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加で物理攻撃で与えるダメージ+5%

・「死のニーヴ(知力)」:4種すべての装備へのエンチャントが可能
 魔法攻撃で与えるダメージ+3%
 精錬値が7以上の時、追加で魔法攻撃で与えるダメージ+1%
 精錬値が9以上の時、追加で魔法攻撃で与えるダメージ+1%
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加で魔法攻撃で与えるダメージ+5%

・「死のニーヴ(体力)」:4種すべての装備へのエンチャントが可能
 Def+10
 精錬値が6以上の時、追加でDef+15
 精錬値が8以上の時、追加でDef+25
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加でDef+500

・「死のニーヴ(幸運)」:4種すべての装備へのエンチャントが可能
 Mdef+4
 精錬値が6以上の時、追加でMdef+6
 精錬値が8以上の時、追加でMdef+10
 「ダークハンド[1]」と共に装備時、追加でMdef+20


――――――――――――――――――――――――




以上

ダークハンド等の後期装備は入手不可なので一旦除外




上記エンチャントは

デイリークエストで序盤集めつつ、金策を進めてエンチャントを完成させていくチャート

そしてLvを上げたらMDでも素材回収して、サブ盾アクセを完成させる…

という感じだろう

「誰でも入手が出来る難易度」というだけで
「早期入手が可能」というわけではない

ただし、やり方によっては早期入手は可能であることは確かなので

そこらへんはプレイング





肝心の性能ですが


盾ということで、防具セットを崩す事が無い、というのが強みになります。


エクセリオンセット
ペルロックセット
レクイエムセット と共存する事が出来るので
防御性能を崩さず、さらに上昇させる事が出来ます。


また、盾、アクセサリ共に素の能力値が高く
エンチャントによるASPD補填が想像以上にスペックが高いです。





金剛石の盾…
  BaseLv150以上の時、追加でDef+100
 「金剛石の盾[0]」の精錬値が3上がる度に追加でDef+20
 「栄光の証[0]」と共に装備時、追加で完全回避+10
 系列:盾 防御:50 重量:100 要求レベル:100 装備:全ての職業

 入手したての段階ではDEF50しかないが、精錬すれば70、90になる
 +6まで育てた場合、その他エンチャントと併用すると…

 Def50+100+40+25 = 215 + 種族30% +属性20% の盾になる

 DEFエンチャントする事がまずなさそうだが
 Lv150の時点で DEF190の盾になるのが最大の強みではあると思う

 そしてエンチャントは全種可能なので、防御性能を落として攻撃特化も可能

 ASPD+5%やATK+3%等
 SPリジェネのちょっとした盾…といった使い方も出来る
 ただ、材料は最初貴重なので、自分が何をするために作るのか
 ちゃんと考えて作ろう。


盾エンチャント案


種族/属性/名誉or死
種族と属性により対ボス性能を高める
攻撃速度アップ等の手軽付与により、ASPDを要求される職にも手が出しやすくなった
 ※+7精錬でさらに性能が上昇する

種族/名誉/死
攻撃性能を高めた盾、主にワンパン職等に仕える
個人的にロボ/修羅等用だろうか


・・・環境高の金剛盾
 +7過剰要求やダークハンド加味の場合
 「火力」はライオットチップより高くなる
 その代り防御性能がガクッと落ちる

 例として「アリス」「アイアンシールド」等のまた別の強スペック品と競合するからだ
 勿論種族35%、DEFアップとなるので、カット率自体は優秀ではある
 火力補填も+7とセットでライオットを上回るので、殺意は高い
 どちらも良い所があるが、ライオットのほうがバランスは良いのは確かだと思われる



こんな人にオススメ

初動で優秀な盾が無い場合
盾にお金をそこまで使いたくない場合
とにかくHP,SPの回復手段を増やしたい場合



こんな環境には適さない…?

セット効果のある盾を要求する中盤以降の環境
すでに過剰装備で高性能品を持っている場合





アクセサリーエンチャント案


名誉/死/自由
安定ではないだろうか、恐らく誰もがこのセットで落ち着くと思われる

攻撃速度、ATK、MATKをバランスよく伸ばす事が出来る
ノーペナルティで攻撃速度+8%まで伸ばす事が出来る
AGI3と組み合わせれば、序盤から破格のASPDアップ装備として運用できる

勿論詠唱、ディレイカットと合わせる事で、序盤からある程度ブースターとして
運用できる







その他の装備との相性


ライオットチップ…
アリと言えば有
金剛石の盾自体のスペックが高いので、DEF+盾DEFで高いDEFを確保できる
闇手と競合するが無駄ではないので相性がいいと言えるのではないだろうか


プロンテラ軍セット・・・
プロ軍の対人性能+高DEFになるので、恐らく環境に入れると思われる
DEFの重要性はTEならペルロック運用があるくらいだったが…Gvではどうなるか
中堅ユニットをある程度無視できるようになるのは強みではないだろうか
中堅VS中堅までならばワンパンは防げると思われる。
また、時空エンチャントにより属性耐性も高めにセット出来るので
エクセリオンとはまた違った強みがある
(カード+時空耐性45%等)


レクイエムセット…
序盤最強装備
属性、MHP、凍結耐性、そしてそこにDEF等のセットを叩きこめる
レクイエムシールドとは…


時空セット…
蛇革と上位時空ブーツを使う事でMHPとキャラパワーをあげつつ
金剛盾で防御アップが出来る


古びたサンダルセット…
ペルロックセット等の防御併走と両立できなかったが
これにより多少防御スペックを高めた状態でゲイン武具をつける事が出来る
リジェネやパワーアップ系をつける事で底上げも出来る










 他の盾と比べてどうなの?

 ヴァルキリーシールドあたりはほぼ死んでいるが
 アリス盾やサイズ盾という強みがあるので、そこらへんとすみわけは出来ている

 サイズ盾は地味に使い処はあるので、ヴァルキリーシールドで属性耐性つけつつ
 という事なら息はしている

 ただし、属性パッケージ盾+5というクソ有能盾がちらちら見てくるので
 何とも言えない
 バランスがいいので安くなれば美味しい、といった所か




 他のアクセサリと比べてどうなの?

 作成の難易度にもよるが、良い所も悪い所もある
 いいところは、サラピアスと違って「ランダムOPエンチャント」ではないということ
 狙って欲しいものをつけれる、という強みがある。
 特にASPDの要素は強いと思われる
 カードを刺さないのであれば、下手するとお手軽200mクラスと同等の装備が出来る


 ブラディウムアクセサリ
 ASPD8%~10%を狙いつつ、ATK5%をやると200mとかいうぶっとんだ値段になる
 だがその代り、カードを一枚刺す事ができるという強みがある、そのための200m
 他にも名弓、先鋭等の組み合わせもあるので、完全に死んだわけではない。
 お手軽ASPDやATKUPをする場合は、役を取られるかもしれない


 サラピアス
 魔力と名弓がお手軽エンチャ出来る、出回っているので運用しやすい
 という利点がある。
 ただし、その他のUP系だと、もしかしたらほとんど出番をとられるかも・・・?






だいたいこんなところ


とりあえず

初心者はちゃんと情報仕入れて挑んだ方がいいかなー





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。